信用調査の調査内容とは

探偵社や興信所に寄せられる信用調査ですが、大きく分けると個人が個人を調査対象とする場合と、企業団体が企業団体を調査対象とする場合、企業団体が個人を調査対象とする場合に分けられるかと思います。個人が個人を調査対象とする場合、結婚相手の信用調査が代表例です。『この相手と結婚してよいのだろうか?』と思ったときに調査いらを出すのかと思いますが、その調査内容は交友関係、これまでの女性歴、財産状況、会社での立場、会社内での将来性となります。企業団体が企業団体を調査対象とする場合は新規取引を行う前の信用調査、現在取引している取引先の信用調査ということになり、調査内容としては財務状況、業績判断、将来性、役員や株主の資産状況や交友関係、素行調査となります。企業団体が個人を調査対象とする場合は雇用関係で調査するケースがあり、調査内容としては金銭問題、家族構成、交友関係となりますし、外出が多い営業マンの行動を把握するための調査もある意味信用調査になろうかと思いますが、一日中尾行し、行動監視するというのが調査内容となります。