浮気の調査かかわる人数は

探偵が浮気の調査をするときには、どれだけの人が調査に加わっているのかというと、どのような調査が行われるかにもよりますが、多くの場合、調査は2人くらいで行うと言われています。
ただ、まだ浮気がシロかクロか不明な場合では、調査員が1人で不貞行為をしているかの確認を行う場合が多いです。

浮気をしていることがはっきりとしたら、再度計画を立てて調査の方法や人数などを決定します。
探偵の尾行代がいくら位かと言うと、調査する人の数にもよりますが、だいたい1時間あたり1万~3万円ほどです。
もちろん、調査員が少数なら安く、多ければ多いほど高くなります。
また、尾行のために移動に車やバイクを使用するケースでは、交通費や車両費といった名目で別途請求があがってくることがありますので、要確認です。
まず探偵に関して言うと、人に怪しまれることのないよう充分すぎる注意を払って粘り強く少しずつ情報を集めますが、興信所が依頼されるのは身辺調査や企業調査が多いので、先に自分の所属を明かして正面からの調査を行う傾向にあります。
探偵が得意とするのは、個人の行動の調査なのに対し、興信所の方は情報収集に向いていると言っていいでしょう。
時間によって尾行料金が決まる場合、探偵の尾行時間が短い方が、費用が少なく済みます。
したがって、尾行依頼を探偵にするとすれば、相手の日々の行動を調べ上げることが重要です。
最も疑いのある時間帯や曜日に尾行をしてほしいと依頼をすれば、探偵のほうも手間が省け、お互いにとってメリットのある依頼になります。
探偵が使うという追跡グッズとは 自分自身で買えるのかと言われたら購入できます。
探偵事務所 料金