調査対象であるパートナの行動パターン

探偵の浮気調査による成功報酬の場合、気を付けるべきなのは、
例えば、浮気調査について依頼し、その際の調査期間が3日間だったとすると
3日間で浮気が発覚しなくても、その調査は成功したということになってしまいます。

本当は浮気をしているという場合でも、調査中に浮気が見つけられなかったら、
配偶者の浮気の有無をはっきりさせることができないまま、
専門的な調査は完了となり、事前に約束していた成功報酬を支払うことになるのです。

さて、信頼性の高い探偵事務所に出会う方法としては、口コミをチェックするのも有効な手段です。

そのようなときには、その探偵事務所が運営するサイトに記載された口コミを見るのではなく、
全く関係のないところが運営する掲示板や相談サイトに書かれているような口コミを確認するようにしましょう。

探偵事務所の関係者以外による口コミは、信頼性は高いものになるはずです。

パートナの行動パターンを書き留めておくことで、
浮気の根拠を示せることもあります。

基本的に、日々の行動にはパターンが定まってくるものです。

しかしながら、浮気をしている人は、決まったパターンが崩れます。
変わった曜日や時間帯の行動に怪しさを確認できたら、行動を注意深く見ることで、
浮気の決定的な証拠をつかむ可能性が高まります。

岡山 探偵