筆跡鑑定の費用

探偵事務所にて筆跡鑑定を依頼した場合は、鑑定した後の依頼主の行動によって料金が変わってゆきます。例えば遺産争いで裁判を起こした際に、前もって書かれてあった遺言書等の書類が本人によって書かれたものなのかを証明する為、証拠資料として裁判所に提出することができるように鑑定書の作成も費用内に含まれています。もちろん単純に怪文書や偽造された文章の筆跡鑑定をおこない、裁判沙汰にはしないけど怪しいと思っている人物が書かれた文章なのかを知りたいだけでも、ご依頼を受けることもできます。その場合は筆跡鑑定をおこなっているほとんどの探偵事務所では大体数万ぐらいで診断することができますが、鑑定書など資料書の作成も依頼している場合にはその分の費用も加算されますので、同じ筆跡鑑定でも費用が30万以上からと値段が上がってしまいます。ただ裁判で争っている時に相手側が提出された筆跡鑑定書が結果と異なっている場合には、反論書や鑑定結果の根拠など細かい部分が書かれた書類の作成費用も含まれていますし、探偵事務所で依頼をしますと提携されている筆跡鑑定士にてしっかりと鑑定しますので、筆跡鑑定といってもその後どう行動に移すかによって費用が違うです。