筆跡鑑定の内容

探偵は、時に筆跡鑑定も行っています。有印私文書偽造、有印公文書偽造、いじめ、嫌がらせ文書、遺言書、金銭借用書などの筆跡鑑定に対応しています。文字を記載する際、記載者には固有の書癖があります。筆跡上には必ず個人差があり、筆跡上には個性というものが存在します。どのような内容で筆跡鑑定がよく行われるのかというと、偽造された遺言書や家に届く手紙、注文していない商品が届いた場合などです。遺言書の内容が明らかにおかしく、文字も本人の字ではないような気がする場合、筆跡鑑定を依頼します。自宅に嫌がらせの手紙が届くような場合、指紋鑑定で結果が出にくい際に筆跡鑑定を依頼します。注文した覚えのない商品が代引きで次々と届き、何とか止めさせたいような場合、筆跡から人物を特定します。鑑定資料は1文字でも可能ですが、複数あれば鑑定の精度は上がります。筆跡鑑定する場合、同一文字での鑑定を行うので、対照資料の中に鑑定資料の中にある同一文字が必要になります。探偵の筆跡鑑定は、非常に信頼性があり、民事事件や刑事事件の際の科学的鑑定にも利用されています。裁判員でも理解できる鑑定書を作成していて高い評価を得ています。